水のトラブル解消!ラバーカップの使い方

水のトラブル解消!ラバーカップの使い方 水のトラブルが起きやすいトイレの詰まりはいろいろな原因で起こります。玩具やオムツなど大きくて水に溶けないものだけではなく、トイレットペーパーを大量に流してしまうことでも発生します。オムツなどのように自分で改善しようとして症状が悪化してしまう危険があるものはすぐに業者へ依頼した方がいいですが、紙などが原因の時は自分で直せることもあります。この記事ではトイレで起こりやすい詰まりをラバーカップで解消するための方法を紹介します。

■ラバーカップの選び方

ラバーカップでよく目にする形はお椀のような丸型です。トイレで水のトラブルが起こってしまうと焦ってこのようなラバーカップを購入してしまいますが、ラバーカップはトイレに合わせて選ぶ必要があります。この形は和式用のタイプで、洋式トイレではあまり効果を発揮することができません。
洋式タイプは2種類あり、節水タイプかどうかで使用するものが違います。購入する前にトイレがどんなタイプなのかを確認してから購入しましょう。トイレの形によっても種類が異なります。洋式トイレのラバーカップは先端が出っ張っていて丸や四角い形になっています。
ラバーカップを使用する前に止水栓を使って水が出てこないようにします。詰まっている状態で水を流してしまうと水が溢れてしまいます。そうならないようしっかり予防してから作業を行いましょう。

■ラバーカップで水のトラブル解消
ラバーカップは詰まっているものを押し込むのではなく、吸い出す道具です。空気を入れた状態で使用するのではなく、斜めに入れるようにしてトイレとラバーカップ内に空気が入らないようにします。少量の空気が入っていると使用した時に水が飛び散ってしまうことがあるため注意が必要です。また、ラバーカップがしっかりと水の中に浸らなければ効果を発揮できません。水量が少ない時は水を足してから作業をします。強く押すのではなく、密着させてからゆっくりと押し、ラバーカップを凹ませてから引き上げます。詰まりの原因が引き上げられてトイレに出てきたら水のトラブルを解消できます。出てきたものは再度流すのではなく、手で回収すると再び詰まることがないため安全です。

■詰まりを解消するための注意点

ラバーカップを使用する時は床などが汚れてもいいよう、新聞紙やビニールシートを敷いてから作業をします。空気が入らないように注意しても飛び散ってしまうことがあるためです。ビニール袋なども用意しておくと詰まった原因のものを回収しやすいのでスムーズに作業ができます。
トイレの水が溢れてしまいそうな時は、水をバケツなどで少し抜いてから作業をするとやりやすいです。給油ポンプも使いやすいのでおすすめです。ラバーカップを使って水のトラブルを解消できない時は無理に続けるのではなく業者に依頼することも検討しましょう。無理に使用することで便器を破損してしまうことや、詰まっているものを配管の奥へと押し込んでしまうこともあります。詰まりの原因が解消された時はトイレ内の水が一定量以上になると自動で流れて行くため、水を少し足してその水が流れるのかを確認すると分かりやすいです。

■まとめ
水のトラブルで起こりやすいトイレの詰まりをラバーカップを使用することで解消する方法を紹介しました。正しい方法で使用することで効果を発揮することができます。選び方や使い方に注意し、改善できるようにしてみましょう。自分で直すことが難しい時や、詰まりの原因が改善されたのか不安な時は業者に依頼し、修理や配管内の詰まりの有無を確認してもらうといいでしょう。電話相談できる業者であれば、状態に応じて的確なアドバイスをもらえるので不安な時は利用することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース